読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CoderDojo 藤沢

CoderDojo 藤沢

コーダー道場こだいらに行ってみた!

コーダー道場こだいらに行ってみた!

そこでアリーが見たものとは???!!!

 

こんにちは。アリー@CoderDojo藤沢準備中です。 

 

f:id:allymukai:20170112235554j:plain

 

2017年1月11日、今後の道場運営の勉強のため、というよりも大好きなこだいらの道場主さんに会いに行くため、

CoderDojo Kodaira(コーダー道場こだいら)

にお邪魔してきました。

 まず、新年早々の道場主の金髪に驚く子ども達と保護者。去年の年末に道場主さんはおしゃれな金髪にヘアチェンジされていたのです。まあ、驚くけどみんな意外とスルー。

 

【ぬしさんになついているこどもたち】

CoderDojoでは、主催者をChampion(チャンピオン)と呼んでいます。が、 コーダー道場こだいらでは「道場主」で、一部の忍者達は「主さん」(ぬしさん)と呼んでいるそうです。「主さん、主さーん」と気軽に呼んで話せるラフな雰囲気です。「主さんの大好きな匠のMOD入れてきたよー」とか見せに来たり。可愛かったです。平日の夕方からという時間帯でもあり、学童クラブに近い雰囲気。

 

【ゲームをしててもOK!】

まず目立っていたのはマイクラ3人組。貸してもらったタブレットで3人でMineCraftをやって同じワールドに入って遊んでいました。主さんは特に面倒を見るわけでも、プログラミングをやりなよとか言うわけでもなく放置。一方では東方の弾幕ゲームをひたすらやっている子とそれを見物している子。道場に来てゲームをしていてもOKという自由さはいいなぁ。ゲームをやっているうちにまた何か作りたくなるかもしれないし。

 

f:id:allymukai:20170112235603j:plain

【「教えてちゃん」はいなかった】

何でも人に聞いてやってもらう子、自分で調べない子、「教えてちゃん」はどこにでもいます。しかし、ここコーダー道場こだいらでは「教えてちゃん」は許されない、と子どもたちみんなが分かっていて、何か質問するときには、とにかく自分で色々調べてやってみてどうしてもダメだったら主さんに聞く、ということが自然にできていました。申し訳なさそうに主さんに質問するのがまた可愛い。

 

f:id:allymukai:20170112235641j:plain

【貸し出し用機材が充実】

主さん私物含むKindle8台、くれくれ作戦でもらった?というパソコンが何台かあるそうです。子どもたち帰り際には主さんが、「パソコンどうする?持って帰る?」と聞き、「うーん、じゃあ借りて帰る」という人が多数。次回持ってきてくれるなら貸す、というコーダー道場こだいら独自のシステムです。これは非常に参考になりました。以前藤沢でScratchのワークショップをやった時も「PCを持って来られない」という声はよく聞きました。デスクトップはあるけどノートPCはない、とか兄弟で1台しか持っていないとかいろいろな事情があるので、貸してもらえるのは良い事だと思います。

 

【主さんの愛が溢れていた♡♡♡】

発表の時間の前に主さんからのお言葉「自分から発表した人の中からお年玉として本をプレゼントしまーす!」

なんと主さんが著者として参加されたCoderDojo公式ブックがプレゼントされるとのこと!

CoderDojo-Japan公式ブック-Scratch-スクラッチ-プログラミング道場

「今日はお年賀企画で特別に参加者全員にステッカーをあげます。」と忍者の可愛いステッカーが用意されており、さらに、「みんなに主からの年賀状でーす」とパーラービーズの可愛い写真入り年賀状。

f:id:allymukai:20170112231624j:plain

この日のためにいろいろ準備していたんですね。さすが、主さん。全てに愛が溢れていました。

子どもたちにもちゃんとそれが伝わっているのがよくわかりました。

 

「ゲームとかマイクラやってた人も、何にも自分の手を加えてなかったらそれは作品と認められないけど、何かちょっとでもオリジナルの工夫をしてたら発表して。それは認めるから。」

この言葉もいいなー、と思いました。ずーっとゲームしてた子を否定はしていないけど、主さんの気持ちは伝えているんですね。

 

発表は図書館で見つけた暗号の本を参考にScratchで作った暗号プログラム、chibi:bit、マインクラフトで作ったボタンを押すとめっちゃ飛ぶ仕組みなど。結構マニアックな、自分で見つけたテーマを追求しているのが素晴らしかったです。

 

f:id:allymukai:20170112231632j:plain

最後に、1人で持ってきたいろいろな機材を何とかトランクに詰め込み、自転車の後ろにくくりつけて約3kmの道のりを帰って行った主さん。

体感温度的には、藤沢よりマイナス3度くらい低い感じで寒かった小平でしたが、暖かいコーダー道場こだいらの雰囲気のおかげで心の中はポカポカとあたたかく、幸せな気持ちで帰ることができました。主さん本当にどうもありがとうございました!

ブログとか書くつもりは全くなく、写真も1枚も撮っていなかったのですが、いろんな感動があったのでやはり記録しておこうと思い書きました。

(掲載写真は後から道場主様よりお借りしました。ありがとうございます!)

 

f:id:allymukai:20170112231647j:plain

 ↑メンターさんが持ってきてくださったOzobot http://ozobot.com

f:id:allymukai:20170113000030j:plain

コーダー道場こだいらのみなさんどうもありがとうございました!

またぜひ遊びに行かせてください!